お風呂の隠れたカビ汚れはエプロン内部と浴室暖房乾燥機

お風呂の環境は湿気がこもる箇所ですので、
住宅空間の中では最もカビ易い箇所となります。
更に、そのお風呂の中に設置された設備などは
もっとカビ易くなる可能性があります。
バスタブのエプロン内部、浴室暖房乾燥機がこれに当たります。

では、どのようにカビてしまうのか
見てみましょう!

バスタブエプロン内部のカビ状態

バスタブエプロン
お風呂のバスタブ側面が取れるタイプは、エプロン内部洗浄が必要です!
before
バスタブエプロン内部のカビ状態
バスタブの側面カバーを
エプロンと呼びます。
この中は密閉空間となることから
とてもカビ易いといえます。
vertical
after
バスタブエプロン内部のカビ状態
ただのヌメリ汚れではなく、
がっちり固まったカビ汚れでした!
カビクリーナー(漂白剤)漬け置き、
磨き洗浄にてこの通りの仕上がりとなります。

浴室暖房乾燥機を分解して内部を見てみると・・・

before
浴室暖房乾燥機
浴室んお暖房乾燥機を分解して
みるとカビ汚れが見受けられます。これらを除去します。
vertical
after
浴室暖房乾燥機の分解洗浄
このようにカビ汚れを取り除くことができます!
キレイな空気で浴室環境を整えましょう!
だんだん暑い季節になってきますので、
カビの繁殖も旺盛になります!

一度チェックしてみてください!
・目視で黒カビチェック
・嗅覚でカビ臭いかチェック
・聴覚でファン動作の異音チェック

ありがとうございました(^_-)-☆
メールでのお問い合わせ